ホークス「天敵」ハム高梨をまた攻略 3点差を逆転

西日本スポーツ

 ソフトバンクが昨年の「天敵」を再び攻略して同点に追い付いた。先発の千賀が3回に先制3ランを浴びたが、直後に先頭の上林が二塁打を放ち、捕手の甲斐が中前に適時打。「相手に先制点を与えてしまって、チャンスだったので積極的に打ちにいった」と2点差に迫ると、5回は2四球と犠打などで好機をつくり、今宮、柳田の連続適時打で同点。内川の安打で満塁として、日本ハム先発の高梨をマウンドから引きずり下ろした。高梨は昨季のソフトバンク戦に8度登板(先発4、救援4)して3勝0敗、防御率1点台と得意にしていたが、今季は11日の対戦で5回3失点の黒星。ソフトバンク打線が2試合連続で攻略した。さらに6回は3番手の谷元を攻め、中村晃の左犠飛で勝ち越しに成功した。

=2017/04/25 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ