中村の連続安打ストップ 4番で復帰も…金子攻略できずオリに全敗

西日本スポーツ

 主砲が止まって、連続カード負け越しなしも止まった。1点差の9回1死一塁、4番中村=写真=は三ゴロ併殺。金子を攻略できず4~7日の3連敗以来の連敗を喫した。中村の開幕からの連続試合安打は17でストップ。残り3に迫っていたリーグ記録に届かず、チームは6カードぶりに負け越した。

 右足首の炎症で、25日のカード初戦で今季初欠場した中村は、試合前のフリー打撃でスタンドに力強い打球を運ぶなど回復ぶりを披露。起用に慎重な姿勢だった辻監督も「(起用は)走れるかどうかの判断だった。本人も『行けます』とのことだった」と説明した。

■4番で復帰も

 その4番の復帰が敗戦の中の収穫だ。最後の打席では不安を吹き飛ばすように一塁まで全力で駆けた。「(痛みは)多少あるが、大丈夫」。厚みを取り戻した打線は、0-4の6回にルーキー源田がトヨタ自動車の先輩の金子から適時二塁打を放つなどして3点を返した。

 オリックスには今季4戦4敗。多和田、高橋光がそれぞれ2敗と苦しめられている。4番が戻った打線の奮起で、27日のカード3戦目で今季初の猛牛狩りを果たす。 (松田達也)

=2017/04/27付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ