1軍秒読み、ホークス川崎が適時打 2軍戦三塁で先発、4回から二塁も

西日本スポーツ

 1軍昇格への秒読み段階に入ったソフトバンクの川崎が、27日のウエスタン・中日戦(ナゴヤドーム)に1番で先発し、3点を追う6回無死一塁で中越えの適時二塁打を放った。1ストライクから左腕小笠原の2球目を捉え、19日の中日戦以来の適時打。本塁への送球間に三塁まで到達すると、塁上で手をたたくなどして喜んだ。守備では三塁で先発し、4回から二塁へ。今季初めて1試合で複数のポジションをこなし、7回の守りからベンチに退いた。

 

=2017/04/27 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ