プロ初の3番、明石は無安打 2四球で好機演出 4番以外全打順を経験

西日本スポーツ

 プロ初の3番を任された明石は3打数無安打に終わった。死球の影響で欠場した柳田に代わる起用を「重圧はなかったし、球も見えていたが…」と振り返った。ヒットこそ出なかったものの、2四球で出塁。9回は海田からの四球で好機を広げ、デスパイネの2点二塁打につなげた。これで4番以外の全打順を経験した31歳は「どの打順に入ってもいいように準備をします」と前を向いた。

=2017/04/30付 西日本スポーツ=

PR

PR

注目のテーマ