レオ4位転落… 先発キャンディ3回7失点

西日本スポーツ

 厳しい数字のオンパレードだ。いずれも今季ワーストの4被弾、17被安打、14失点。文字通りの完敗を喫し、ソフトバンクと入れ替わり4月11日以来の4位に転落した。辻監督は「これだけ打たれるとさっぱりする。投手が力不足だったと思うしかない」と自虐的に振り返るしかなかった。

 来日初登板のキャンデラリオは2点リードの2回、甲斐に逆転満塁弾を浴びると、3回にも上林に右中間席への3ランを浴びた。「1本目は悪い球ではないが相手がうまく打った。2本目はチェンジアップが高くなってしまった」。3回7失点でKOされ、土肥投手コーチは「ボールが高くてあまり動かなかった」と指摘した。

 「キャンディ」の愛称でナインに親しまれ、日本が9カ国目のプレーとなる34歳の右腕には甘くない現実。3日に出場選手登録を抹消され、新外国人左腕のガルセスが初昇格する。開幕からしばらくはゆるやかな日程が続いた西武は、4月最後に今季初の6連戦でわずか1勝。最大5あった貯金は1に減り、再浮上へタフさが求められる敗戦となった。 (松田達也)

=2017/05/03付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング