上林初の1試合2発で5打点 甲斐の満塁弾に「ちょっと思い出しました」

西日本スポーツ

 上林が自身初の1試合2発、最多5打点の大暴れだ。2点リードの3回2死二、三塁でキャンデラリオの高め変化球を右中間席に運ぶ3号3ラン。8回は右翼テラス席へダメ押しの4号2ランを放った。「1打席目(2回1死満塁で三振)でやらかしてしまったけど拓也さん(甲斐)に助けられた。ちょっと思い出しました」。2年前の自身のプロ1号も満塁弾だっただけに、刺激を受けたようにマルチ弾を放ってみせた。

=2017/05/03付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ