田中正義、徐々にペースアップ

西日本スポーツ

 右肩不調などでリハビリ中のドラフト1位、田中が地道に実戦マウンドを目指している。3月中旬からノースローで状態を上げることに努めてきたが、5月2日にネットスローで投球を再開したのに続き、4日に約30メートルの距離でキャッチボールを行った。5日も筑後でリハビリした右腕は「段階を踏んで。びびりすぎてもだめなので」と話し、徐々にペースを上げていく考えを口にした。

=2017/05/06付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ