4戦連続マスクで存在感 高谷

西日本スポーツ

 4試合連続でスタメンマスクをかぶった高谷が、バットとリードで先発した寺原を支えた。2回、デスパイネの2ランで先制した後の2死二塁で左前へ4月13日以来の適時打。4回1死一、二塁では絶妙なセーフティーバントを決め、続く明石の適時打につなげた。「昨日(5月6日)はチャンスで凡退しチームに迷惑をかけたので、いいところに落ちてよかった。みんな調子がよく、自分で止めないようにしたかった」。寺原にはテンポよく投げさせることを意識。「立ち上がりからしっかり腕が振れ、球が走っていた。持ち味のスライダー系を生かしながら無駄な四球を防ごうと。勝ちがついてよかった」と笑顔を見せた。

=2017/05/08付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ