大隣、5回12安打13失点

西日本スポーツ

 14日のウエスタン・阪神戦(和歌山県上富田町)に先発した大隣が、5回を投げて12安打4本塁打13失点(自責12)と炎上した。俊介の初回先頭打者アーチなど4回までに2本塁打を浴びると、5回にも2発を含む7安打9点を失った。球数を投げてスタミナをつけるテーマがあったとはいえ、5イニングで138球。「球に力がないからホームランにされる。長時間守った野手に申し訳ない」とうなだれた。ソフトバンク2軍は3-13で敗れ、連勝が8(2分けを挟む)で止まった。

=2017/05/15付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ