スクランブル登板石川 満塁での降板悔やむ

西日本スポーツ

 スクランブル登板の石川が不本意な形での降板を悔やんだ。千賀に異変の兆候があったため、初回からブルペンで準備はしていたという。「まさかあそこまで(早い)とは思わなかったけど、(肩を)つくっていたので準備の時間はあった」。初回2死でマウンドに上がると中島を1球で捕邪飛。2回も無失点に抑えたが、3回に3与四死球で満塁として降板した。「もっと投げたかったけどバテバテだった」と振り返った。

=2017/05/17付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ