水口秘打で魅せた 辻監督「殿馬みたい」

西日本スポーツ

 水口(長崎・大村工高出身)が「曲芸打法」を披露した。「9番二塁」で今季3度目のスタメン出場。3回1死一、二塁で左腕飯田の外角低めスライダーに反応し、右足を上げながらインパクトする“秘打”で、一塁後方の右翼線ぎりぎりに落とす適時二塁打を放った。「みんなベンチで笑ってましたね…。三振だけは避けようと」。163センチの小兵の価値ある一打に、辻監督も「(野球漫画ドカベンのキャラクターの)殿馬(とのま)みたいだったな」と感心していた。

=2017/05/21付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ