西武ローテ再編、オール20代 平均24・8歳、若手成長に活路

西日本スポーツ

 5カード連続負け越しなしで貯金を今季最多の6とした西武が24日までに先発を再編し、平均年齢24・8歳の新たなローテーションを組むことを決めた。28日に今季初先発の予定の誠も含め6人全員が20代。若い力を信じ、実績ある30代の投手が並ぶ楽天、ソフトバンクの2強に対抗する。

 25日の日本ハム戦(大宮)に向け、西武第二球場で全体練習を終えた辻監督は「投手はいるメンバーでやるしかない」と強調した。チーム最多の5勝を挙げているウルフが右脇腹痛で離脱。開幕ローテ入りしながら故障離脱した多和田も含め復帰の時期が見通せない中で、若手の成長に活路を見いだす構えだ。

 26日からの楽天3連戦で予定される先発は25歳の菊池、24歳の佐野、22歳の誠。出場選手登録を抹消されている20歳の高橋光も31日の広島戦で復帰予定で、2桁勝利の実績がある29歳の野上、十亀を含む6人が交流戦でもローテで回ることが濃厚だ。チーム防御率3・04は現在リーグ1位。さらなる貯金増へ、土肥投手コーチは「若手はチャンスを生かしてほしい」と期待を寄せた。 (松田達也)

=2017/05/25付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ