内川5戦4発 11号2ラン

西日本スポーツ

 4番内川が一発を含む2安打3打点で盛り返した。初回1死一、三塁で先制の右前適時打を放つと、7点リードの4回には11号2ラン。左翼席への弾丸ライナーを「点差が開いていたし、思い切って振ったら最高の結果になった」と振り返った。直近5試合で4発という量産態勢には「僕が打つと、ベンチの皆が『珍しいことが起こった』と喜んでくれる」とニヤリ。26日に連続試合安打が「12」で止まったものの、再び絶好調モードへ。通算2000安打まであと42本とした。

=2017/05/28付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ