悩ましいセ本拠地戦、デスパ外せず左翼濃厚 上林か晃がベンチ

西日本スポーツ

 得意の交流戦とはいえ、工藤監督を悩ませるのがセ本拠地での9試合だ。ここまですべてDHで出場しチームトップの14本塁打を放っているデスパイネは打線から外せないだけに、左翼での出場が濃厚。「そうなると(中村)晃が右翼に回って、上林は(ベンチスタート)ということになるし。上林が右翼で晃は、ということもある。難しいよね…」。強力打線ゆえのうれしい悲鳴だが、デスパイネは「WBCでも守りに就いていた。そちらの方がやりやすい」と、久々の守備にも自信をのぞかせた。

=2017/05/30付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ