松田が特大逆転3ラン「少し崩されたが、自分のポイントで強く打てた」200号あと2

西日本スポーツ

 ◆DeNA-ソフトバンク(4日・横浜スタジアム)

 ソフトバンクの松田が一振りで試合をひっくり返した。0-2の4回2死一、三塁。DeNAの先発今永が投じた外寄りのチェンジアップを捉え、ホークスファンが大勢詰めかけた左翼スタンド上段へぶち込んだ。5月27日の日本ハム戦以来、7試合ぶりとなる逆転の10号3ランを「追い込まれていて少し崩されたが、自分のポイントで強く打てた。千賀もいい投球をしているので、追い越せて良かった」と満足そうに振り返った。シーズン2桁本塁打は5年連続8度目。通算200本塁打へあと2と迫った。ベンチ前でナインとハイタッチした後、お約束の「熱男」コールで盛り上げた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ