ホークス柳田、宣言通り豪快2発 前日の推定飛距離10M打から14倍かっ飛ばすV弾

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク4-1ヤクルト(7日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの柳田が宣言通りの豪快な2発でチームを連勝に導いた。まずは0-0の3回、2死一、二塁で石川が投じた初球スライダーを右翼席へ運ぶ12号3ラン。最上段の奥の壁に「145M」の表示がある付近に飛び込む特大の先制弾に続いて、8回は左中間テラス席への13号ソロを放った。6日の試合で推定飛距離10メートルのサヨナラ内野安打を放ち、お立ち台で「明日はちゃんと打球を飛ばします」と約束していた柳田は、2日連続のお立ち台で「昨日と違ってすごい飛んでくれたんで、最高でーす!」と有言実行を喜んだ。飛距離を14倍以上に伸ばしてチーム全打点をたたき出した柳田は6月の6試合で5発、自己最長の連続試合安打は19に更新。ソフトバンクは交流戦開幕から3カード連続の勝ち越しを決め、貯金を今季最多の15とした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ