上林4度目猛打賞

西日本スポーツ

 上林が序盤の適時打から乗った。3回2死二塁で中尾から右前適時打。「前の打席(空振り三振)でタイミングが合っていなかったですが、チャンスでしたし、積極的に打ちにいきました」。その後も右翼線二塁打、左前打と打ち分けて今季4度目の猛打賞。交流戦に入って打棒は再び上昇気配。打率3割2分4厘としてリーグ5位に浮上した。

 高谷(3回2死二塁で左中間適時二塁打)「前の打席がふがいない内容(好機で左飛)だったし、皆がつないでくれたチャンスだったので、何とかバットに当てようと必死でした」

=2017/06/09付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ