レオ6連勝2年ぶり貯金10 おかわり不在若手が奮起

西日本スポーツ

お立ち台でポーズを決める西武・源田(左)と外崎 拡大

お立ち台でポーズを決める西武・源田(左)と外崎

 泥沼にあえぐ巨人に、西武が容赦なく襲い掛かった。先発全員の13安打で今季最多の13得点。1分けを挟んで今季2度目の6連勝とし、辻監督も「連敗中のチームと、連勝中のチームの勢いの差が出たような試合」と満足そうに振り返った。

 左脇腹痛の主砲中村を欠いたが、大技、小技で巨人投手陣を攻め立てた。3回、外崎がプロ3年目で初のグランドスラムとなる満塁弾を左中間席に放つと、4回にはルーキー源田がプロ初アーチの右越え2ラン。愛知学院大4年の全日本大学選手権以来となる一発に源田は「ニヤニヤしちゃいました」と笑いが止まらない。5回には故障から復帰9戦目の金子侑にも今季1号が飛び出した。

 強打だけではない。3回は1死一、二塁、4番浅村の打席で重盗を仕掛けた。二走源田がスタートを切ると、一走秋山もあうんの呼吸で続き、巨人先発の池田を揺さぶった。その後、池田は浅村を歩かせ、瞬く間に崩れた。「試合前から準備していた」と源田。一挙6点を呼び込んだ足攻に辻監督も「失敗したら『バカ野郎』となるけど、思い切りはなくしちゃいけない」と目を細めた。

 貯金は2年ぶりの2桁となる「10」に達した。「先は分からない。一試合一試合、ミスのないように頑張りたい」と辻監督。レオの勢いは、まだ止まりそうにない。 (伊藤瀬里加)

=2017/06/09付 西日本スポーツ=