ホークス天王山逆転負け、岩崎が丸に痛恨被弾 あす広島と1位決定戦

西日本スポーツ

 ◆広島3―2ソフトバンク(17日・マツダスタジアム)

 交流戦最高勝率を懸けたソフトバンクと広島の直接対決3連戦は、1勝1敗で18日の第3ラウンドを迎えることになった。勝てば西武、阪神の結果次第で1位確定の可能性があったソフトバンクが初回に今宮の3号ソロで先制。4回は松田の適時打で2点目を奪ったが、広島はその裏にエルドレッドが同点の2点適時打を放った。その後は両チームとも決め手を欠き、ソフトバンクの投手が2番手の岩崎に代わった8回、広島の丸が勝ち越しの12号ソロ。そのまま1点差で逃げ切った。

 西武、阪神が敗れたため18日の広島―ソフトバンク戦は「1位決定戦」となることが決定。広島は初めて、ソフトバンクは史上初の3年連続最高勝率を懸けて、勝ったチームが1位になる交流戦ラストゲームに臨む。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ