ホークス高田、終盤に2打席連続タイムリー 連続スタメン起用に応える

西日本スポーツ

7回1死三塁、右前適時打を放つ高田 拡大

7回1死三塁、右前適時打を放つ高田

 ◆ソフトバンク-西武(25日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクの高田が2試合連続のスタメン起用で結果を出した。「9番一塁」で出場し、3回にウルフから左前打。2番手牧田に代わった7回は1死二塁で打席が回ってくると、捕逸で走者が三塁に進んだ後の6球目を右前に運ぶ適時打。今季初の1試合複数安打となった一打で1点差に追い上げ、なお2死満塁と一打逆転の好機をつくったが、長谷川勇が空振り三振に倒れた。リードを2点に広げられた直後の8回2死一、三塁では、高田がシュリッターの150キロを右前に運ぶ2打席連続適時打を放ち、再び1点差に追い上げた。