ホークス内川、ラッキー先制打「ベース様々です」ゴロが当たってライト前へ

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-日本ハム(29日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが幸運な形で先制した。初回、1番川崎が四球で出塁。今宮の二ゴロの間に二塁に進んだ。柳田は二直に倒れたが、4番内川のバットが得点シーンを呼んだ。相手先発のメンドーサがフルカウントから投じた6球目、直球にバットを出すと、ゴロとなった打球が一塁ベースに当たって右前へ。その間に二塁から川崎が生還した。「先制点が欲しかったので良かったです。ベース様々です」。内川の復帰後初打点。3試合連続の安打で2000安打のカウントダウンを37とした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ