南部大会は雨で順延 仕切り直し

西日本新聞

 第99回全国高校野球選手権福岡南部大会は9日、雨のため順延となった。仕切り直しとなった筑後勢の選手たちは「気持ちを切り替えて頑張りたい」と話していた。

 春日公園野球場では第1試合で対戦予定だった八女工、八女農の両校が雨の中、入念に試合前練習をしていたが、午前10時に中止が決定した。

 八女農の馬場康平主将(3年)は「チームの雰囲気は良い。いい緊張感を保って臨みたい」と話した。八女工の梅崎寛治主将(同)は「良いコンディションでやれるならその方がいい。初戦に勝って勢いを付けたい」と表情を引き締めた。

 10日は1、2回戦計12試合があり、筑後勢11校が登場する。

=2017/07/10付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ