松坂 今月中投球練習再開か 60メートルキャッチボールで状態確認

西日本スポーツ

 右肩の不調でリハビリ中の松坂大輔投手(36)が9日、今月中の投球練習再開を視野に入れた。開幕ローテ入りを争った右腕は、1軍の先発候補だった4月中旬に、一昨年8月に手術した右肩の状態が悪化。約1カ月のノースロー期間を設けるなど、コンディションの改善に努めていた。

 この日は筑後屋内練習場で50~60メートルの山なりのキャッチボールで肩の状態を確認。「何がきっかけか分からないが、この2週間で(調整段階が)進んできた」と状態を説明。「先を見てやることはできない」とした上で、今月中に投球練習を再開する可能性について「このままいければできるんじゃないか」と認めた。

 6月下旬に筑後を視察した工藤監督から「肩は急に進む(改善する)ことがある」と助言を受けたという。「投げられない期間があったので、投げられるようになれば一気にいきたくなる」と、はやる気持ちを抑えた。ペースを保ち、今季中の1軍復帰を目指す。 (谷光太郎)

=2017/07/10付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ