専大玉名、接戦を制す 八代、多良木、東稜が快勝

西日本新聞

 第99回全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は4日目の12日、藤崎台県営野球場(熊本市)と県営八代野球場(八代市)の2会場で1回戦6試合を行った。

 シードの八代は、中盤の猛攻で宇土に勝利。同じくシードの専大玉名は、熊本西の反撃をかわし、辛勝した。好機に長打が出た多良木は、大津に快勝した。

 東稜は小国の投手陣を攻略し、10-1でコールド勝ち。八代東は、粘る松橋との接戦を制した。熊本一は、足技を絡めた攻撃で矢部を突き放した。

=2017/07/13付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ