光陵、福岡工接戦制す

西日本新聞

 第99回全国高校野球選手権福岡大会は13日、都市圏勢の14校が出場。6校が4回戦へ、4校が3回戦へ進んだ。

 4回戦への進出を決めた6校のうち、修猷館、福岡大大濠、筑陽学園、福岡舞鶴はコールド勝ち。光陵、福岡工は1点差の接戦を制した。

 都市圏勢対決となった筑紫台-九産大九州は、シード校の九産大九州が競り勝ち、3回戦へ駒を進めた。

 14日は南北で12試合が行われ、東海大福岡などシード3校を含む都市圏勢10校が登場する。

=2017/07/14付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ