西武・源田“第二の故郷”で好守披露 同じ大分出身、今宮と交代「グラブの話をできました」

西日本スポーツ

 ルーキー源田が“第二の故郷”で持ち前の守備力を見せつけた。4回の守備から同じ大分県出身の今宮と交代して遊撃に就くと、7回は阿部の安打性の三遊間の打球を逆シングルで好捕して、素早い送球で刺した。愛知学院大、社会人トヨタ自動車時代を過ごした愛知県で、両親も観戦に訪れた前で躍動。「本当に楽しかった。今宮さんともグラブの話をできました」と実りある時間となった。

=2017/07/15付 西日本スポーツ=