星琳が2年前の撃破再現、強豪の自由ケ丘に逆転勝利

西日本スポーツ

 星琳が2年前と同じく3回戦で強豪の自由ケ丘を破った。5点を追う5回。チーム初安打をきっかけに2点を返した。4-6で迎えた8回2死満塁で9番元田が左越えの逆転三塁打。追加点も重ね、9回の相手の反撃を3点に抑えて10-9で競り勝った。同じ光陵グリーンスタジアムで行われた2年前は、元田の兄で主将の康太(九産大)が3安打2打点と活躍。当時中学3年で、球場で観戦した元田は「自由ケ丘との対戦が決まってから、2年前のことを思い出していた。5回戦で敗れた兄を超えたい」と力を込めた。

 自由ケ丘・西尾竜馬監督「5回の2点など無駄な失点が多く、もつれる試合にしてしまった。土壇場での強さもなかった」

=2017/07/15付 西日本スポーツ=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ