西武・源田、守備で存在感

西日本スポーツ

 ルーキー源田が9番遊撃で、球宴初スタメン出場した。二塁鈴木とも連係よくダブルプレーも成功させるなど、持ち前の守備で存在感を示した。打撃でも3回の第1打席に右中間に鋭いライナー。これは惜しくも丸に捕球され、球宴初安打はお預けとなった。試合前には同じ大分県出身で憧れの内川と今宮に挟まれ、緊張の面持ちで記念写真にも納まった。充実した時間を過ごした球宴に「守備ではいいプレーもできたし、よかったです。(後半戦は)疲れで体も重くなるだろうけど、しっかり頑張りたい」と前を見据えた。

=2017/07/16付 西日本スポーツ=