小郡、延長サヨナラ負け 南筑は1点差で涙のむ

西日本新聞

 第99回全国高校野球選手権福岡南部大会は15日、小郡市野球場などで3回戦4試合があった。筑後勢は2校が登場し、小郡は香住丘に延長サヨナラ負けを喫し、南筑は九州産業に1点差で惜敗した。

 小郡は3点差で迎えた六回、高尾曜吏(ひかり)主将(3年)の適時打で1点を返すと、七回にも3点を追加して逆転。しかし、八回に追いつかれて延長戦にもつれ込み、十二回に力尽きた。

 南筑は初回にいきなり4点を先制されたが、相手の失策などに乗じて七回までに1点差に詰め寄った。九回は2死満塁のサヨナラ勝ちのチャンスだったが、生かせなかった。

 16日は県大会出場をかけた4回戦の4試合が予定されており、筑後勢は小郡市野球場の第2試合にシード久留米商が登場する。

=2017/07/16付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ