西武・源田、“レジェンド”の豊田氏、石毛氏超えへ 球団新人盗塁記録25へあと「1」

西日本スポーツ

球団新人盗塁記録へあと1に迫った西武・源田 拡大

球団新人盗塁記録へあと1に迫った西武・源田

■成功率8割

 球団の“レジェンド超え”を宣言! 西武の源田壮亮内野手(24)が16日、球団の新人盗塁記録の更新を誓った。前半戦に既に24盗塁をマーク。前身の西鉄時代の1953年豊田泰光、81年石毛宏典の25盗塁を、17日からのソフトバンク3連戦で超える覚悟だ。

 「簡単ではないが、記録を超えられたらいいと思っている」。前半戦は全79試合にフルイニング出場し、12球団最多の69盗塁というチームの“足攻”を支えた。盗塁成功率は8割を誇り、リーグトップの西川(日本ハム)とはわずか1差。初タイトルも視界に入る。

 球団の遊撃手の大先輩にあたる豊田、石毛はともに20本塁打以上を記録し、新人王にも輝いた。源田は現時点で3本塁打と長打力で劣るとはいえ、盗塁数は2人を上回るのは確実。こちらも新人王の有力候補だ。

 この日は空路で福岡入り。今カードでの“レジェンド超え”は、同じ大分県出身の同学年で、12球団屈指の強肩捕手に成長した甲斐との戦いにもなる。「(ソフトバンクは)厳しい相手だけど、自分はやれることをしっかりやるだけ」。快足ルーキーがパの2強に揺さぶりをかける。 (松田達也)

=2017/07/17付 西日本スポーツ=