西武・源田、大分商敗退悔やむ

西日本スポーツ

 大分商OBのルーキー源田が母校の敗退を残念がった。大分大会決勝で明豊と対戦した大分商は0-7で完敗。甲子園出場を逃した。本拠地でのオリックス戦の練習が始まる前にネット速報で経過を確認していた源田は「監督とは連絡を交わしていた。勝ち上がりは見ていたし、頑張ってほしいと思っていたけど…」と悔しそうに話した。

=2017/07/26付 西日本スポーツ=