源田、西武新人最多26盗塁 5回にも二盗リーグトップタイ27個目

西日本スポーツ

1回1死一塁、26個目の盗塁を決める西武・源田 拡大

1回1死一塁、26個目の盗塁を決める西武・源田

■5連勝で貯金11

 迷いのないスタートから一気に決めた。2点を追う初回。遊ゴロの併殺崩れで一塁に残った源田は、続く浅村への4球目で二盗に成功した。今季26個目の盗塁。1953年の豊田泰光、81年の石毛宏典を抜き球団の新人最多記録を更新した。

 「記録というより(走者の)秋山さんを進められなかったので、何とか二塁に行かないと、という思いだった」。謙虚なルーキーは控えめに振り返ったが、5回にもこの日2個目の二盗に成功。今季27盗塁として、日本ハム西川と並びリーグトップに再浮上した。

 “レジェンド”の激励を力に変えた。4日、東京ドームでの日本ハム戦を訪れた石毛氏にあいさつ。「元気に試合に出て、自分の記録を超えていけ」と声を掛けてもらった。開幕前に動画で見た石毛氏のプレーに「すごすぎる」と驚嘆。その石毛氏以来の新人遊撃手として開幕スタメンを果たすと、盗塁数でも上回り球団史を塗り替えた。

 ここまで、チームでは秋山とともにフルイニングに出場。辻監督は「クリーンアップの前で走るんだから失敗できないよね。投手の癖や配球を勉強し、どれだけ成功率を高められるか」とさらなる活躍を促した。チームは5連勝で今季最多タイの貯金11。本拠地メットライフドームでは8連勝だ。俊足ルーキーが足で白星を呼び、7月の月間勝ち越しも決めた。 (松田達也)

◆パ初の新人盗塁王へ

 源田が27盗塁でリーグ最多に再浮上。新人の盗塁王は過去に1946年河西俊雄(グレートリング、39個)、2001年赤星憲広(阪神、39個)だけで、源田がパ・リーグでは初の新人盗塁王に挑戦する。新人の最多盗塁記録は97年の小坂誠(ロッテ)で56個。

=2017/07/27付 西日本スポーツ=