秀岳館・鍛治舎監督が合流

西日本スポーツ

 熊本大会を制し、2年連続3度目の代表を決めている秀岳館の鍛治舎巧監督が28日、チームの練習に復帰した。突発性不整脈と診断されて21日に緊急入院し、前日の27日に退院。入院中で不在だった準決勝、決勝を勝ち進み甲子園出場を決めた選手たちと1週間ぶりに顔を合わせた。鍛治舎監督は「もう大丈夫です」と全快をアピール。「(選手たちには)最初にお礼を伝えて、もう一度気持ちを引き締めて集中しようと話をしました」。今春まで3季連続で4強入り。悲願の全国制覇へ向けて、来月2日に甲子園入りする予定。

=2017/07/29付 西日本スポーツ=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ