ホークス今宮、先制7号2ラン

西日本スポーツ

■7月好調率.362

 打撃好調の今宮が技ありの一発でチームを連勝に導いた。同点の3回。1死二塁で、白村の外寄り直球を逆らわずに力感なく振り抜き、右翼テラス席へたたき込んだ。今季初の右方向へのアーチとなった先制7号2ラン。「何とかつなごうという思いだったけど、スタンドまでいった。たまたまです」。そう謙遜したものの、7月3本目の一発が終わってみればそのまま決勝打となった。

 初回にも左前打を放つなど2試合連続のマルチ安打をマークし、7月の月間打率は3割6分2厘となった。「力感なく振れていることが一番。『打ったろう』と思うと力が入るので、打席で欲を出さないようにしている」。初回には次打者の柳田の2球目に、今季10個目の盗塁となる二盗も成功させた。「行ける時は思い切って行こうと思っている」。走攻守でまだまだチームをもり立てていく。

=2017/07/30付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ