全労済が熊本の子どもたちをホークス戦に招待

西日本スポーツ

 全労済熊本県本部が熊本地震復興支援の第5弾として「ソフトバンクホークスを観戦しに行こう!」(西日本新聞社共催)を開催し、30日のソフトバンク-日本ハム戦(ヤフオクドーム)に熊本地震で大きな被害を受けた同県内4町村(益城町、南阿蘇村、御船町、西原村)の小学4年~中学3年計100人を招待した。試合前にはグラウンドで練習見学し、森、岩崎、サファテの3投手と触れ合った。西原村の仮設住宅で生活する中学3年の瓜山稜大君は「地震の前は家族でヤフオクドームに来られたが、地震の後は機会がなかった。柳田選手のスイングの速さや打球の伸びがすごかった」と話した。

=2017/07/31付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ