西武・赤獅子6年ぶり10連勝 源田6本目三塁打、中西の球団新人記録王手

西日本スポーツ

楽天を破り10連勝し、指で「10」をつくる源田(左)と十亀 拡大

楽天を破り10連勝し、指で「10」をつくる源田(左)と十亀

■2強を猛追

 自慢の快足を存分に披露した。3回1死二塁。源田は左腕辛島の高めのスライダーをたたき、打球が右中間フェンスを直撃すると、一気に三塁まで駆けた。「甘いところに抜けてきて、いい形で打てた」。先制の適時三塁打で口火を切り、6年ぶりの10連勝に導いた。

 今季6本目の三塁打はリーグ単独トップとなった。球団の新人では、西鉄時代の1952年に中西太が記録したシーズン7三塁打が最多。盗塁では豊田泰光、石毛宏典が持っていた球団の新人最多盗塁記録を更新したルーキーが、また新たな球団記録に近づいた。

 開幕からレギュラーに定着した源田は、人気も急上昇。6月に個人グッズが発売された。関係者によると、売り上げはチームでもトップクラスという。辻監督から「貢献度の高い選手になれ」と成長を求められるルーキーは、グラウンド内外で大きな実りをもたらす存在となった。

 本拠地での10連勝は1992年以来となった。その年は3年連続で日本一を達成。球団史に残る黄金時代を築いた。当時、西武で現役だった辻監督は「そういうチームに近づきたい、と思って戦っている」と振り返った。上位2強との6連戦を快勝で滑り出した赤いレオは、向かうところ敵なしの快進撃が続く。 (松田達也)

=2017/08/02付 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ