ホークス首位キープへ、いきなり初回に2者連発 柳田2試合連続2ラン デスパは13試合ぶり 

西日本スポーツ

 ◆オリックス-ソフトバンク(3日・京セラドーム大阪)

 2日に首位に返り咲いたソフトバンクが、初回にいきなり主軸の2発でリードを奪った。2死一塁で4番柳田が山崎福のカットボールを右中間席へ運ぶ26号2ラン。「自分のスイングで捉えることができた。まず先制点が取れてよかった」と7月5~8日に3試合連発で記録して以来の2試合連続弾で先制に成功すると、続く5番デスパイネは13試合ぶりの一発となる23号ソロを右翼席に放り込んだ。「ギータが先制点を取ってくれたので、少し楽な気持ちで打席に入れた。久しぶりに自分らしい良い打球が打てた」と2者連続アーチを喜んだ。柳田とデスパイネのアベック弾は、7月8日以来で今季5度目となった。

=2017/08/03 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ