明豊、福井の坂井と甲子園初戦 12日激突「相手を研究」

西日本新聞

 大阪市で4日に行われた第99回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会で、県代表の明豊が大会6日目の12日の第4試合(午後3時半開始)に、初出場の福井県代表の坂井と対戦することが決まった。

 明豊の三村鷹人主将(3年)は「守備では取れるアウトを確実に取り、攻撃で打線をどんどん後ろにつなぐ。試合まで時間があるので、相手チームの研究をしたい」と意気込んだ。川崎絢平監督は「県大会を通じ打撃が好調で、チーム全体が日々成長している。総合力で相手投手に挑みたい」とし、相手校の印象について「粘り強くしぶといイメージ」と語った。

 坂井は2014年に県立4校を再編し、開校したチーム。吉田温郎主将(同)は「常連校という強いイメージに気持ちで負けないようにして、自分たちらしく勝負強さを発揮したい」と話した。

=2017/08/05付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ