波佐見はプラス思考!? 得永監督「1日多く準備できる」

西日本スポーツ

 開幕戦で彦根東(滋賀)と対戦する波佐見(長崎)は水入りを前向きに捉えた。「(順延で)1日多く準備できる。常にプラスに考えたい」と得永監督は笑顔だった。

 在校生や保護者たちは開幕戦での応援に向けて6日夕方に地元を出発する予定だったが、初日に登場するチームで最も遠方とあって、台風による移動への影響や順延になった場合の対応などが心配された。このため、得永監督は大会主催者に「開幕日の対応を早く決めてほしい」と要望。午前11時には大会本部が順延を決定した。

 抽選会翌日の5日から朝5時に起床している選手たち。6日の開会式リハーサル後、兵庫県西宮市内で約2時間汗を流した。長崎大会で打率5割の川口は「5時起きが続くのはつらいが、準備の時間が取れるのでいい」と歓迎していた。 (米村勇飛)

=2017/08/07付 西日本スポーツ=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ