西武の秋山が自身3度目の月間MVP

西日本スポーツ

 西武の秋山翔吾外野手(29)が7月度の月間MVPに選出された。7月は23試合で打率3割5分1厘のほか、いずれもリーグトップの33安打、19打点を記録。「予想していなかったので驚いた。打点が多いのはいい場面で打たせてもらえたおかげ」と振り返った。

 7月は3安打4打点を残した試合が3度あり、チームも月間16勝7敗と大きく勝ち越した。21日の日本ハム戦から始まった連勝は、月をまたいで球団59年ぶりの13まで伸ばした。「自分だけでなく、みんなの力がかみあって、勝ちに結びついた」と強調した。

 秋山の受賞は2015年3、4月、同年6月に続いて自身3度目。西武の選手の受賞回数は通算72度となり、日本ハム、オリックスの71度を抜いてリーグ単独トップとなった。

=2017/08/08 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ