ホークス岩崎 ピンチ招くも大谷斬り

西日本スポーツ

 セットアッパーの岩崎がピンチで大谷を仕留めた。1点リードの8回に3番手として登板。内野安打と犠打で1死二塁とされ、代打大谷を打席に迎えた。ここで初球からフォークを4球続けて追い込み、最後は内角への149キロ直球で見逃し三振。「コースさえ間違わなければ大丈夫だと思い、思い切って真っすぐを投げられた」。続く代打岡からも三振を奪い、守護神にバトンをつないだ。

=2017/08/14付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ