ホークスまた首位陥落 大阪で皮肉な「ハムの祭典」ON弾献上 通算1000勝もお預け

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-7日本ハム(14日・京セラドーム大阪)

 「鷹の祭典」が「ハムの祭典」になった。ソフトバンクが既にシーズン勝ち越しを決めている日本ハムに敗れ、試合のなかった楽天にマイナス1ゲーム差で首位の座を明け渡した。2週間ぶりに先発した松本裕が初回に4番中田に先制打を浴びるなど、4回3失点で降板。その後も着実にリードを広げられ、9回は4番手で7月23日以来の登板となった中田が、3番大谷と中田に2者連続の「ON弾」を浴びるなどして突き放された。ソフトバンク球団主催の恒例イベント「鷹の祭典」はこの日が今季最終戦。2005年の球界参入から通算1000勝目をホークス誕生の地で狙ったが、日本ハムの主軸コンビにそろって活躍を許す皮肉な展開となった。ソフトバンクは7月7日に今季初めて単独首位に立って以降、2位に転落したのは3度目。連勝は4で止まった。

=2017/08/14 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ