ホークス久々の大量リード 6回以降に6得点 4打点の今宮「自分の体に感謝」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク7-0西武(22日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンク打線が終盤につながり、大差をつけて西武に快勝した。バンデンハーク、ウルフの両先発が好投し5回終了時で1-0。追加点が奪えずにいたソフトバンクは6回、今宮の逆方向の右中間への適時三塁打で2-0。投手が代わった7回2死一、二塁では左中間へ運ぶ9号3ランを放ち、2年連続2桁本塁打に王手をかけた。さらに8回は途中出場の江川が2点打。接戦続きのソフトバンクにとって、4点以上の差をつけての白星は5-1でオリックスに勝った今月2日以来となった。4打点の活躍でお立ち台に上がった今宮は「(本塁打は)狙っていない。体が勝手に反応したので、自分の体に感謝したい」とユーモアたっぷりに語りファンを喜ばせた。

=2017/08/22 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ