ホークス6戦連続先制 菊池1球目「反則投球」から3得点 柳田二塁打、デスパ29号2ラン

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-西武(24日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが6試合連続で先制に成功した。波乱の幕開けから相手の隙を突いた。初回、菊池が投じた初球で「反則投球」を宣告される不穏な展開。セットポジションになった菊池から川島が四球を選ぶと、今宮の犠打と中村晃の投ゴロで2死三塁とした。このチャンスに、柳田が直球を捉え左翼フェンス直撃の適時二塁打。「最初のチャンスでしたし、先制できて良かった。まだまだ点を取って援護していきたい」と喜んだ。続くデスパイネも菊池の動揺を見逃さない。2球目の直球を一撃。「2試合打てていなかったので、1打席目にホームランが打てて良かった。ギータ(柳田)がいい流れを持ってきてくれました」。この時点で柳田、レアード(日本ハム)に並ぶリーグトップの29号2ランを右翼テラス席にライナーで運んだ。

=2017/08/24 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ