ホークス小沢、初昇格即デビュー 2年目1回無失点

西日本スポーツ

 未来の有望株が連日のプロ初登板&お立ち台デビューを飾った。24日に初の1軍昇格を果たした高卒2年目の小沢(こざわ)が9点リードの9回にデビュー。栗山を三飛に打ち取った後、メヒアに中前打、森に右前打を浴び2死一、三塁とされたが、「縮こまらずに腕を振った」と木村文からスライダーで空振り三振を奪い大勝劇を締めくくった。柳田とともに上がったお立ち台では、今後の意気込みを求められて「な、何をですか?」と聞き返す珍問答。何とも初々しい姿でスタンドをなごませた。

 今季は2軍で25試合に登板し5勝3敗。23日の2軍戦登板後に昇格を知らされた。「思っていたより(デビューは)早かった。チームの勝ちに貢献できるようになりたい」。23日には高卒3年目の笠谷がプロ初登板したばかり。優勝へと加速するチームに、若い力も風を吹き込んでいる。

=2017/08/25付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ