ホークス3試合ぶり先制 デスパイネ2打席連続タイムリー 復帰登板の和田を援護

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク-ロッテ(27日・ヤフオクドーム)

 連敗中のソフトバンクがデスパイネの快音連発でリードを広げた。左肘手術から復帰した和田が立ち上がりから無失点投球を披露。援護したい打線は4回、中村晃が左翼線二塁打、続く柳田の二塁内野安打で一、三塁として、デスパイネが左越えに強い当たりの適時打を放った。チームにとっては3試合ぶりの先制点。なお一、三塁と好機が続き、松田の併殺打の間に2点目も奪った。3回も1死一、三塁の先制機をつくりながら得点できていなかっただけに、嫌な流れを断ち切るイニングとなった。デスパイネは2-0で迎えた6回も無死一、二塁からこの日3安打目を左前に運び、2打席連続の適時打を放った。

=2017/08/27 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ