ホークス中村晃 2戦連続V打

西日本スポーツ

 中村晃が、連日の貴重な適時打でマジック減らしに貢献した。同点に追いつかれた直後の6回。無死から右前打で出塁した川島を今宮がきっちりと犠打で進め1死二塁とすると、追い込まれながらも辛島の内角直球をしぶとく左前に落として、二走の川島をかえして勝ち越した。Vマジックが今季初点灯した前日の1日も、今宮の犠打後に先制打。2戦連続で勝負強さを発揮した。

 「昨日と同じで無死からのヒットの後に(今宮)健太が送ってくれて、集中して打席に入れた。いいヒットだったと思う」。自らの打撃に厳しい男が珍しく納得。それほど内容も良かった。打線は辛島のカーブに苦しめられ、4回からは5者連続三振を奪われた。中村晃本人も1、2打席目は凡退。「(6回は)カーブを意識しながらも、駆け引きというか、いい打撃ができた」。2戦連続のお立ち台で白い歯がこぼれた。

=2017/09/03付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ