デスパがサヨナラ打でケリ、ホークスM12に 則本は崩れ落ちる

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク1-0楽天(3日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクがサヨナラ勝ちでマジックを12に減らした。0-0で迎えた9回2死一、二塁、則本の初球の真っすぐを中前へライナーで運び、二走の今宮が生還した。デスパイネはこの日、自身3安打目で緊迫した試合にケリをつけた。デスパイネはお立ち台で「何とか最後は自分が打って勝ちたかった。興奮してます。最高の気持ち。デスパ いいね!」で締めた。ソフトバンクは今季5度目のサヨナラ勝ちだ。

 ソフトバンクの和田が7回被安打3で無失点。球数のめどとしていた103球を投げて救援陣にマウンドを託した。今季4勝目はならなかったが、お互いに一歩も引かない則本との緊迫した投げ合いで、堂々の投げっぷりだった。「後半バタバタしましたが、野手の皆さんがしっかり守ってくれて何とか抑えることができました。7回までゼロに抑えられて良かったと思います」とほっとしていた。

=2017/09/03 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ