ホークス、バンデンが6回途中降板

西日本スポーツ

 ◆オリックス-ソフトバンク(5日・京セラドーム大阪)

 ソフトバンク先発のバンデンハークが、6回途中、被安打8、2失点で、13勝目の権利を持って降板した。

 今季2度目の中5日。過去のオリックス戦は9戦9勝と得意にしていたが、この日は6イニング中4回、先頭打者に安打を許す苦しい投球になった。2点リードの6回、先頭から2者連続安打を浴び、マレーロを中飛に打ち取って1死一、三塁となったところで、嘉弥真にマウンドを譲った。

 嘉弥真はT-岡田の二塁打で1点差とされたが、なお1死二、三塁で、3番手の森が中島、伊藤を打ち取り、同点を阻止した。

=2017/09/05 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ