西武源田、レジェンド石毛に並んだ 球団新人安打記録の127安打目マーク

西日本スポーツ

西武・源田壮亮 拡大

西武・源田壮亮

 ◆西武-ロッテ(5日・メットライフドーム)

 西武のルーキー源田が、1981年の石毛宏典が樹立した球団の新人記録、シーズン127安打に並んだ。2-2で迎えた7回1死一塁。ロッテ2番手松永の初球にセーフティーバントを試み、俊足を飛ばしてセーフに。“らしい”形で、今季127本目の安打をマークし、続く森の勝ち越し打にもつなげた。今季は同年の石毛以来となる新人の開幕遊撃スタメンを勝ち取り、ここまでフルイニング出場中。既に球団新人記録を更新した盗塁数を含め、レオの歴史に名を刻み続けている男が、また一つ大きな記録に到達した。

 【西武・過去の主な新人シーズン安打数】

 石毛宏典(81年)127

 清原和博(86年)123

 豊田泰光(53年)113

 中西 太(52年)108

=2017/09/05 西日本スポーツ=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ